インプラント 茨城県 歯周病 審美歯科 清原歯科医院

インプラント 茨城県 歯周病 審美歯科 清原歯科医院

矯正歯科・ホワイトニング

  • 歯並びが悪いことによる障害
  • 矯正のしくみ
  • 小児矯正
  • 成人矯正
  • ホワイトニング

矯正歯科とは

  • 出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱杭歯)などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
    矯正治療をすることにより、キレイな歯並びになる事はもちろん、それ以外にも、「より噛める」「発音障害が改善される」「調和の取れた顔立ちになる」等さまざまな効用があります。

歯並びが悪いことによる障害

  • ・虫歯になりやすい。
    ・歯周病になりやすい。
    ・発音に影響を起こす場合がある 。
    ・食べる時に効率が悪い 。
    ・成長期に悪い歯並びを放置しておくことで、顎の成長が悪い方向に進んだり、発育不足をおこすことがある。
    ・悪い歯並びが、劣等感になり、心理的に悪い影響を与える場合がある。

矯正のしくみ

小児矯正

  • 永久歯がはえ始める6、7歳で予防的に矯正治療を始める事があります。
    どのような場合に行うかというと、成長発育に問題をきたしそうな場合や後からはえてくる永久歯に悪影響が起こる場合、はえてきた永久歯の位置が極度に悪い場合、また、小児の適切な時期に治療することで、永久歯の矯正治療が必要なくなる可能性が高い場合、将来歯を抜かないで治療できる場合です。

  • 成長発育に問題をきたしそうな場合とは・・・

    ・受け口
    ・極度の出っ歯
    ・顎を左右どちらかにずらして咬む
    ・咬んだ時に前歯がまったくあたらない(開咬)  等

成人矯正

  • 成人の方は、お仕事の関係や外見上の理由で、矯正装置をつけることに抵抗があるという方も少なくありません。そのような場合には他の人に気付かれない「見えない矯正(裏側矯正)」矯正治療の方法もあります。矯正に踏み切れなかった人でも心理的な負担無く治療することができます。
    成長期の治療に比べると歯の移動速度は遅く一般的に成人期の治療の方が若干長引きやすいということはありますが、その反面、成人の治療は成長発育がほとんどないため歯の移動計画を立てやすいという利点があります。

矯正歯科症例

症例01

  • 施術前

  • 施術後

  • 施術前

  • 施術後

  • 施術前

  • 施術後

症例02

  • 施術前

  • 施術後

  • 施術前

  • 施術後

  • 施術前

  • 施術後

ホワイトニング

  • 歯のホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。海外ではブリーチングという表現をすることもありますが同じ意味です。
    現在のホワイトニングは、歯科医院によりさまざまですが、歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って漂白する方法、個人の歯に合わせて作られたトレー(マウスピース)にジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法などによって歯自体を白くすることが可能となりました。

    ホワイトニングには、歯科医院で行うホワイトニングのオフィスホワイトニングと家庭で行うホワイトニングのホームホワイトニングがあります。

  • オフィスホワイトニング(診療室で白くする方法)

    35%程度の高濃度の過酸化水素を含むお薬を歯の表面に塗って、光をあてる方法です。照射口から出る光は、ほとんど熱を発しません。
    したがって歯髄に影響を与えません。

  • ホームホワイトニング(家で白くする方法)

    2001年12月に厚生省で認可された10%過酸化尿素のジェルを、患者さんの歯並びに合わせて作ったカスタムトレーの中に入れて、歯医者さんの指示に従ってお家で行う方法です。

ページの先頭へ